薄肉型


弊社の取扱い寸法は内径1インチから40インチがある。

結構にして以下3仕様:
1、ラジアル接触(L型)
2、角接触(M型)      
3、四点接触(N型)。

ソケットハーウシイングの材料が軸受鋼またはステンレス鋼を使用する。

製品特長

汎用の標準型軸受と違い、薄肉型は断面積の違いにより各シリーズに区分する。即ち、同じシリーズでは内径が幾つかの寸法を承るが、厚さ・断面積が固定されたものだ。この為、等断面積薄肉型軸受とも言われる。同じシリーズの応用により、ある規制に外れた普通な部品でも標準化となることができる。また、空気・水・電線など空芯軸に通じて運送する場合は、内径大きくて断面積小さい薄肉型軸受のご利用によ、直径の小さい実心軸の代わりに、直径の大きい空芯軸が輸出結構となったため、レーアーウトが簡潔となる。省スペースでながら荷重と摩擦係数低くて回転精度が向上するのが特徴です。軸受の性能と耐寿命の低下が及ばない限り、薄肉型のご利用によりコンパクトデザイン、コスト低減が果たせる。